燃費DATA・2018年10月13日

給油日:10月13日
走行距離:487.2km
給油量:27.88リットル
燃費:約17.47km
単価:149円(レギュラー)
合計金額:4154円

積算アイドリングストップ節約燃料:1252ml
積算アイドリングストップ時間:2時間47分01秒

遂に内浦へ

10月は沼津に行く予定はなかったけど、沼津に急遽行く事にしました。
そして、遂に内浦へ。

午後12時までには沼津に着き、12時25分発の内浦方面に向かうバスに乗りたいと思っていたので、8時半前には家を出発。
給油を済ませ、今回は原木インターから京葉道路に入り、そのまま都心の首都高を走って東名高速に入るルートで行ってみました。
今までは都心の首都高は避けて、湾岸線からベイブリッジ経由で横浜町田インターから東名に入るルートで行ってたけど、今回、都心の首都高を走ってみて、なんとか行けそうな感じだったので、次回以降は都心の首都高を走ってみるのもいいかもしれません。

東名高速に入る直前と横浜町田インター付近の渋滞で、予定していた12時に沼津に着くのか微妙な感じだったけど、横浜町田インター付近の渋滞を抜けた後は、スムーズに走ることができ、予定通りの時間前に沼津に着きました。
車はイーラdeの駐車場に停め、東海バストラベル沼津駅前案内所に設置されているまちあるきスタンプを押印。
沼津駅8番のバス停から内浦方面に向かうバスに乗り込みました。
 

長浜バス停まで行き、バス停すぐそばにある三の浦総合案内所へ。

 
まちあるきスタンプを押しつつ、案内所内は撮影可能だったので撮影しました。

続いて、長浜城跡方面を歩く事にし、途中でスタンプを押して、長浜城跡付近に設置されている浦女のマンホールを撮影。

長井崎トンネルを抜けて、西浦地区に入り、海のステージでスタンプを押した後、長井崎トンネル出口近くの路地から海沿いを歩き、長井崎中学校前のバス停まで来ました。

 

更に海沿いを歩いて、内浦側の長井崎トンネル入り口付近まで戻り三津シーパラダイスへ。
三津シーのスタンプを押し、スクフェスのストーリーもゲット。

更にスタンプを押しながら海沿いをひたすら歩き、淡島マリンパーク前まで辿り着きました。
ここではマリンパークと淡島ホテルのスタンプが設置されているので、スタンプを押し、スクフェスのストーリーをゲットし、マリンパークからすぐにあるアキシン商店のスタンプを押して、内浦地区のスタンプは制覇出来ました。

三津シーパラダイスまで歩いて戻り、伊豆長岡駅行きのバスが待機していたので、このバスに乗り伊豆長岡駅へ。

タイミング良く、サンシャイン!!のラッピングバスが来ました。

 

伊豆長岡駅でのスタンプを押し、駿豆線で三島駅まで行き、三島駅から東海道線で沼津駅に戻りました。

少し時間があったので、つじ写真館の梨子ちゃんとルビィちゃんのバースデーの絵を見に行き、仲見世商店街付近のマンホールを撮影。

 

 

 

 残りのマンホールは次回行った時に撮ろうと思います。

18時前に沼津を後にして帰る事にし、少しだけ渋滞があったものの、比較的順調に走ることができ、沼津から3時間弱で家まで戻ることが出来ました。

次回は東京ドーム公演前頃で、沼津駅付近と沼津港付近に設置されているマンホール巡りの目的で調整したいと思います。

最後に、初めて内浦に行き、内浦の海を見てすごく感動しました。
ただ、曇っていたので、富士山を見ることができなかったの残念です。
晴れた日に内浦の海と富士山を見ることができたらいいなと思います。
 

 

初代ED

キッドボックスのCAM@シリーズのミニカー「カリーナED」が届きました。
随分前にA32セフィーロと一緒に予約したんだけど、なかなか入荷せずに忘れかけた頃に突然メールが来ました。
 

 


マフラーがシングル出しだけど、実車はデュアルマフラーで、ここの部分も再現して欲しかったと思います。

ゆかりっくFes

10月6日と7日に幕張メッセにて行われたゆかりっくFesに行って来ました。

 

田村ゆかりさん”激似”のアーティストが出演して休憩時間を2回挟んで約6時間の長丁場となったライブでしたが、公演直前にCharlotta Mueller (シャルロッタ・ミュラー)が出演キャンセルとなってしまいました。
 

土曜日。
幕張メッセに向かう前に、ちょうど通り道なので、スーパービバホームに消耗品類を買うために立ち寄ってから幕張メッセへ。
車はメッセの駐車場に停め、3ホール前でリストバンドを受け取ったあと物販列へ。
約1時間半ほど並んで予定の品を購入しました。

開場時間までは若干余裕があったので、展示物等を見たりしながら時間を潰し、早めに入場しました。
席は指定席エリアで34列目の中央付近でした。
 

 

 

 

日曜日。
近所のガソリンスタンドで洗車してからメッセに向かおうと思ってガソリンスタンド行ったら混んでいたので、近所には思いつくような洗車場が無いので、市川大野まで行って洗車。
偶然にも走行距離が12345kmになってました。

船橋駅付近が渋滞していたりしてたので、メッセに着いた時間が11時半近く。
グッズ購入は初日に済ませているので、フードのコラボメニューの一つである豚串焼きを食べてから前日に引き続き早めの入場。
席は指定席エリアで12列目の右端に近い所で、通路側の席なので出入りはし易いところでした。
相変わらずの通路側席の当たり確率の高さ。

スタンディングエリアで登場した120600mAh-Metal Ampere Hour-は重厚なメタルサウンドで自分好みの音楽でした。
2日目には9月30日に川崎で行われたライブに120600mAh-Metal Ampere Hour-がゲスト出演した映像が流されました。

メインステージエリアにて登場した風の香りと太陽の香りさんのみ初日は裸足で太陽さんは靴を履いて登場していたけど、2日目はサポートで入っていた桃色男爵のメンバー含め皆さん裸足で演奏していました。
MCがなかなか面白かったです。

スタンディングエリアにて登場したDon’t MOVEはmotsuさんとゆかりんのコンビで登場し、頭文字Dの曲ではゆかりんが遊園地などにあるパンダの乗り物に乗って歌っていて、頭文字Dといえばパンダトレノ。ゆかりんが乗っていたのはパンダの乗り物でうまく引っ掛けてきたなと思いました。
しかも、とうふの文字が書かれた紙が両サイドに貼られていました。

一番最後に登場したのはゆかりん。
後半に夏の思い出を作ろうというテーマの映像が流れたけど、両日共に同じ内容の映像で、なぜか2日目は一部カットされていました。
大人の事情で時間が押していたのかも知れないのかなと思いました。
初日は銀テープの射程圏ギリギリの所だったので、銀テープを回収できなかったけど、2日目は銀テープを回収できました。
色は3色あり、そのうちの2色をゲット出来、書かれている内容は同じでした。

2日目の帰りにメッセ駐車場を後にしようとした時に突然マリンスタジアムから花火が上がって一瞬ビックリした。

さて、次回のライブ参加は約1ヶ月後になります。
11月17日と18日に東京ドームで行われるAqoursのライブになります。
早くもAqoursの東京ドーム公演まで1ヶ月余りです!

キンスパ2018

東京ドームにて行われたKING SUPER LIVE 2018に行ってきました。
11月のAqoursのライブに先駆けての東京ドームです。

車を秋葉原に停め、午前中いっぱいは秋葉原巡回。
先日発売されたフォトテクニックデジタルにて、ふりりんが車に興味があるとの事で、“車を撮りたい”という記事が載っていて気になったのでゲーマーズにて本を買ってみました。
表紙はありしゃだけど、そんな小宮有紗さん、R34GT-Rを運転したいと言っていて、黒沢姉妹は車好きなようです。
  

頃合いを見計らって、秋葉原から約20分程度かけて東京ドームまで歩いて行きました。
途中、東京ドームが見えてきた辺りの歩道橋にて、アニメの劇中でAqoursのメンバーが駆け抜けて行ったであろう歩道橋を撮影してみました。

ドームに着き、グッズ購入。
ほぼ待ち時間なしで予定の品を購入し、いつものように早めの入場。
席はアリーナA2ブロックの前の方。
ステージは近いんだけど、左端の方なので、ステージ中央は殆ど見えない所。

今回のライブのお目当はほっちゃんと奈々ちゃん。
ほっちゃんはミス・モノクロームの次に登場。
ほっちゃん=トロッコと思ったら、気球に乗って登場しました。
3曲目にLove Destinyを披露して、ここからシスプリ曲の連発。
シスプリ曲の最後に出てきたのはPrits。

鮎川麻弥さんはドラグナーの主題歌とエルガイムの主題歌を歌ったけど、両アニメ、久々に観たいと思った。
林原めぐみさんは背中がバックリと開いた衣装でビックリした。
森口博子さんはF91の主題歌と、新曲を披露。
鮎川さんと森口さん、ゼータのあの曲はこの時点では披露されませんでした。

トリは奈々ちゃん。
奈々ちゃんの出番が終わって、コラボ曲の連続。
後半に鮎川さんと森口さんのお二人が出てきて、ここで、ゼータのあの曲である「Z・刻をこえて」と「水の星へ愛をこめて」を披露しました。
コラボ曲コーナーで最後に出てきたのはほっちゃんと奈々ちゃんでした。
もし、ゆかりんがキングレコードを離れていなかったとして、ここにゆかりんが加われば最強だったかも。

最後に、ライブ中に思ってた事。
歴史の長いキングレコードの層の分厚さというのもあると思うけど、ここ最近のアニサマの出演者よりもキンスパの出演者の方が豪華だなと感じました。
キンスパ、アニサマを超えたんじゃない?と思った。

さて、次回は10月6日と7日。
幕張メッセにて行われるゆかりっくFesに参戦です。